2011年07月31日

雌阿寒岳ツアー 

今年2度目の雌阿寒岳

はい、オプタテシケと別れた
バツイチ山でございます。

今回は、
YNGDさんからのサブガイド依頼があり、
初の団体登山ツアー12名。

いつも
なまらの国の塚原さんツアーで、
私もお客さんじゃないか?
または、お客さんがサポート?
と思うほど、ゲストも共同装備を持ったり、
ご飯作りを手伝ったり、
そして、わきあいあい、と
ゲストのリクエストやレベルに合った塚原さんのガイディングを見ているので、
今回の、団体ツアーは、新鮮でした。

前日入り。
ガイドの打ち合わせ時に、
いきなり、お客さんから「部屋が狭い」とクレーム。
お客さんの雰囲気も、全然違い、
若干心配になりましたが、

当日、
山に登ってしまえば、
同じ!

時間は、かなり拘束され、
本当にピークを踏んで下山、という形で忙しかったですが、
色々な人とお話でき、大変楽しかったです。

私自身、
昔は、なめられることもありましたが、
最近は、
ガイドとして、
ちゃんとお客さんに物事を伝えることができるようになったような・・・

そして、
なによりも、
ゲストと楽しんで登山を、そしてガイディングをしています〜


P7291328.JPG
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月29日

ケニア再び

ケニアの協力隊同期で
旭川在住のKei

彼が、
フィンランドの大学院
(スウェーデンだったけ?)
へ行くとのことで、
その前に、いってらしゃい焼き肉会を開催。

旭川教育大学に留学中のケニア人のMungaiさんも一緒に。

焼き肉の前に、
まずは、旭岳FCのサッカーに強制連行。
だが、サッカーうまい二人。
だ、だが! 
Mungaiさん、膝負傷。

なのに、焼き肉後、
家の音響システムに感激し、
Dj. Injured with サロン湿布
として、ノリノリでレゲエ流しまくってた。

かなり、楽しかったのですが、
夜中1時をまわり、
次の日のため、
「これから!」ってところで、就寝。

いやいや、
グッドタイムでした。

久しぶりにスワヒリ語話したけど、
だいぶ忘れてますね。

日本で頑張るMungaiさん
フィンランド(スウェーデン?)で頑張るKei&Shiho

応援してます!

kei.jpg

posted by Mitchy at 00:00| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

海も好きだ〜!

山に行くことが多い私ですが、
海も好きです。

今年は、
カナダで6月まで雪を味わっていたので、
思いっきり夏を味わいたい!

ということで、
静内の海へ行ってきました。

静内へ行くまで、
たくさん寄り道して、
やっと着いた静内の浜辺は、

誰もいなく〜
太陽 さんさん〜
夕日 ビューチ〜


お肉焼いて
お酒飲んで
テントでZZZ〜

私は、道具ないので、
今回は、海で拾いものしたり、
ボーとしたり。


好きだ

山も
好きだ

ちなみに
家の横の川も好きだ

shizunai.jpg
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

オプタテシケ山ツアー

十勝岳連峰の一番北側にある
オプタテシケ山。

アイヌ語で「槍がそりたった山」「槍がそれた山」などと呼ばれています。

このオプタテシケ山、
なにやら、雌阿寒岳と夫婦仲にあったようで、
離婚の際の大喧嘩で、槍の投げあいになり、
雌阿寒岳が当たり、
今でも傷から膿がでていて、
その傷跡が、火口

・・・だとか
山も色々大変っすね。

オプタテシケ山3.jpg

そんな大変なことがあった(?)とは知らなかったのですが、
オプタテシケ山は、私のお気に入りの山の一つです。

日帰りでは、ちょっと長いこの山へ、
美瑛富士小屋泊まりで、
なまらの国の常連さんと1泊2日のツアーへ行ってきました。

出発時は、
蒸し暑く、
大雪山ですら、こんな暑くなってしまったか〜、と。
私が、大雪山に着たころは、今見たいに、半そでで登山なんてしてなかったけど。
地球が変わったのか?
私の温感が変わったのか?
(おそらく、両方でしょう。。。)

That's aging.

さてさて、
久しぶりのオプタテ。
登山道は、整備された箇所があり、
歩きやすくなっていました。

下山中も、登山道をなおしている
美瑛山岳会の人がいたり、
枝払いしている人がいたり、
登山道も、ただただ人が歩いてできたわけではなく、
ちゃんと、整備され、おかげで長い距離を歩けるのだな、と。
全部の登山道がそうだとは言えませんが、
歩く(利用するから)には、色々と知っておきたいものです。


今回は、天候にも恵まれ、
美しい自然の姿に会えました。

まず、雲海の上の夕日。

オプタテシケ山.jpg


そして、
雲海の上にできた虹。

P7221196.JPG

虹って、
みあげることばかりでしたが、
はじめて、虹を見おろしました。

こうやって、
山にいくと
色々な自然の姿に会うことができます〜
そして、
心が動いたり。

大好きな山に登り、
色々な美しい自然の姿を目にし、
そして、楽しい時間をともに過ごすゲストの方々。
毎回、ツアー後、
「よかった〜」と思えていることに、感謝。

オプタテシケ山2.jpg

posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月18日

知床ツアー

今度は、
なまらの国の知床ツアー同行です。


サポートガイドをさせてもらっている
「なまらの国」こと
北海道バックカントリーガイズのHP
http://namaranokuni.com/



金曜日の夜に北見へ向かい、
土曜日から羅臼岳〜硫黄山縦走

サブガイドのかりっちと車を回し、
羅臼岳登り始めたのは、16時。
食料も詰めたザックを背負い、
2時間前に出発した皆を追う。

食事当番のかりっちは、
いっぱいになった100リットルザックを背負い、
走って先に行ってしまう。

一人、
クマにおびえながら、
暗くなっていく登山道を
汗だくになって登る。

体力的にも精神的にも
今までで一番つらかった。。。

無事、テン場につくのか〜
不安になりながらも、
早歩きしていると、
最後の登りの大沢で皆と合流

ほっと一安心

サポートガイド
首になるかと思いました。

天気は、思いのほか恵まれ、
雨にあたらず。
でも、
テントを張ってそうそう、
近くに親子クマが現れる!

次の日、
朝焼けが美しく、
1時間半も早く起床し、
羅臼岳山頂へ。

そして、硫黄山向けての
縦走を始めようとするときに、
またもや親子クマ!
しかも、私たちが行く登山道上。

待つこと4時間。
クマ親子はいなくなってくれましたが、
私達の進む方向へ。

結局、
下山し、
清里町のコテージに泊まり、
なでしこJAPANのゲーム観戦!

感激しました。
なでしこJAPAN。
かっこいいです。

同じ女性として、
やはり女性の活躍から、
パワーもらえます。

ということで、
3日目は、雌阿寒岳に登り、
知床ツアー終了!

縦走できなかったのは、残念ですが、
クマに
なでしこJapanに
そして、お客さんのおおらかさに
今回も、充実のツアーでした。


11知床ツアー 010.JPG
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

Free Lifer again

カナダから帰ってきて
ちょうど1カ月経ちます。

ヤムナスカの登山コースについて
帰国してから、ゆっくりレポートしよう、と思っていたら、
思いのほか忙しく。。。

でも、やっと今日から、
また、Free Lifer。

そして、今日から、
「再」東川町民になりました。
祝!!

山行ったり
畑いじったり

できるだけ
シンプルな生き方をして行きたいです。

Free Liferになったので、
さっそく、
今日は、
東川町の物産センターの喫茶で働く
Ukoちゃんのところへ遊びに行き、
試作品のライスバーガーをいただきました。

東川地産の食材のライスバーガー

P7111090.jpg

おいしい〜!
山弁にいかがかな?

Ukoちゃんも、素敵な女の子なんで、
ちょこっと寄っていきたくなります。

P7111086.jpg





posted by Mitchy at 13:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月11日

旭岳ガイド with ラトビアン

今日は、
東川町の姉妹町があるラトビアからの
お客さんを旭岳へガイドしました。

山のないラトビア。
一番高い丘は、300メートルほど。

なので、みなさんにとって、初めての「山」で、
いきなり、2000メートル級!

服装も、
普段着以上に軽装でしたので、
じゃっかん、「。。。」と思いましたが、
白人の方は、アジア人よりも、肌の寒点(?)が少なく日本人よりは寒さに強いと言われ、
また、無理のようなら、引き返せばいいだけなので、
その点を理解してもらい、
登山を始めました。

幸い
天気にも恵まれ、

latvia.jpg


また、
みなさんの体力と
わきあいあいとしたムードのおかげで、
11名中10名の方が、
旭岳のピークに立つことができました。

登山中、
ラトビア語を教えてもらったり、
大変楽しい旭岳登山のガイドをさせていただきました。

今後も、
このような
楽しい思いで作りのサポートとなれれば、と思います。

Paldies!!
(ありがとう!)

ratobia.jpg

半そで短パンは、
かなりの軽装ですから(笑)、登山される方は、しっかりと準えを!
その方が、安心して山を楽しめます。
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

花ぐもり@姿見

今年は
残雪の多い
大雪山

お花の開花も遅れているようです。

雨が降っても、
ガスっても、
強風でも

花がいれば

楽しめます。

P7071067.jpg

ezokozakura.jpg
ピンクのぼんぼんを持ったチアリーダみたいなエゾコザクラ。
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月07日

釧路&北大雪ツアー 

昨年もお世話になった
なまらの国のセバスチャン(塚原さん)ツアーの
サポートガイドで、

釧路川下りと
阿寒国立公園と北大雪の登山ツアーに行ってきました。

ゲストの方は、
とても素敵な60〜70代のおばさま達。

みなさん、
気持ちも
容姿も若く、
こんな歳のとり方をしたいな〜と思いました。

釧路ツアー.jpg


初日の大雨も、観光して楽しみ、
残り3日は、天気に恵まれ、
楽しいツアー同行となりました。

釧路川ツアー(2).jpg

釧路川ツアー.jpg


北海道
やっぱりいいです!

釧路川つあー(3).jpg
摩周ブルーをみたのは初めて!
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

利尻ツアー

父の7回忌終え
次は、なまらの国・塚原さんの利尻ツアーへ同行。

今回参加者は、
斜里からきたチャンネーと、
実は、小学校の時、同じスイミングスクールへ行っていた、ゆかこちゃん。

天気は下り坂
でしたが、
移動初日は、うす曇り。
うっすら利尻富士

利尻を登る日は、
雨&強風のため、8合目で引き返してきました。
また、行ってみたいですね〜利尻。

りしり.jpg
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。