2011年09月16日

まさかの青空!富良野岳へ

「旭岳から黒岳まで縦走をしてみたい」
東川町の道の駅・道草館のMYKちゃんと縦走を計画していたものの、
お天気が、よろしくないので、予定変更。

「お客さんから登山について尋ねられた時に、
ちゃんと情報を提供できるようにしたい・・・」
とMYKちゃんの素晴らしい姿勢いがあったので、
雨具を来て、旭岳周辺を、雨の中を歩くのもいいのかな〜と思いつつ、
やはり、せっかくの休日の登山。
無理のない、楽しい登山日にしたいな〜と。

結局、
当日の朝、
天気を調べまくり、
比較的天気が良さげで、
風があっても、稜線までトラバースなので風の影響の少ない、
「富良野岳」へ。

こうやって、
当日の朝に、行き先を決定しても行程的に可能なのが、
フィールドに近く住んでいるおかげ。

今回は、
MYKちゃんと、
昨年の自然観察会で出会った山ガールHMちゃんと、
私の3人。

8時半に道の駅で集合し、
10時に、十勝岳温泉のパーキングから出発。

山には、雲が集まり、風もある。
頂上は、ガスガスで、強風が吹いている様子だったので、
皆の体力と雰囲気(←大事!)
で、頂上まで行くかどうかを、歩きながら決めようね、と話ながら、
旭岳とはまた一味違う風景を楽しみながら、歩きました。

だが!だが!
頂上へ近くなるたびに、
雲が上がり、
風も思いのほか強くない。
それでも、頂上では、ランチタイムや休憩タイムをとるには寒いので、
その手前で、ランチ&ティータイム。

まるまる
健康体のキタキツネも、モグモグタイム。
私達の様子を気にすることなく、
餌を探し歩いていました。

エゾシマリスも、ちょこちょこ走り回り、
動物好きのMYKちゃんは、大興奮!
キツネに、「そこにリスいるよ!そこそこ!」と・・・
さっきまで、「リス、かわいい〜!」って言ってたよね〜
かなり、私のつぼにはまります、MYKちゃん。

furanoblog.jpg


「今夜は、リス一家が、MYKちゃん宅に復讐に来るね」なんて、
話しながら、頂上までの、最後の登り。
途中、トガリネズミのご遺体に南無南無し、
(下りで、私踏んでしまいましたが)
13時に、ちょっとガスがかかっている頂上へ登頂!!

furanoblog2.jpg


記念撮影し、下山開始。
しばらく経つと、
だんだん雲が流れ、青空が見え始めました。

franoblog7.jpg


登り始めは見えなかった、
富良野岳の山頂やそのほかのピークを眺めることができ、
明るくなったおかげで、紅葉の色もはっきりと。

気温が高かったせいか、
例年よりは、色つきが少なく、枯れてしまっている今年の紅葉。
それでも、目にすると、!「いっしょ!いっしょ!」(北海道弁:"Good!"という意味)の連呼。
年に一度しかない瞬間ですからね。
楽しい時間を過ごしていることもあり、
紅葉もきれいにみえます。

franoblog6.jpg

15時半に下山。
私も初めて訪れるカミホロ荘の温泉で、
さらに満足し、
帰路へ。

旭岳のほうは、
強風で
午後からは雨が降ったらしく、
同じ大雪山でもこんなに違うんだな〜と改めて実感。

登山者に誰も会うことなく、
野生動物
紅葉の景色
温泉

すべてGood Time!

MYKちゃん
HMちゃん、
来週は、旭〜黒行きましょう!

楽しい時間、ありがとう〜でした!
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。