2011年07月18日

知床ツアー

今度は、
なまらの国の知床ツアー同行です。


サポートガイドをさせてもらっている
「なまらの国」こと
北海道バックカントリーガイズのHP
http://namaranokuni.com/



金曜日の夜に北見へ向かい、
土曜日から羅臼岳〜硫黄山縦走

サブガイドのかりっちと車を回し、
羅臼岳登り始めたのは、16時。
食料も詰めたザックを背負い、
2時間前に出発した皆を追う。

食事当番のかりっちは、
いっぱいになった100リットルザックを背負い、
走って先に行ってしまう。

一人、
クマにおびえながら、
暗くなっていく登山道を
汗だくになって登る。

体力的にも精神的にも
今までで一番つらかった。。。

無事、テン場につくのか〜
不安になりながらも、
早歩きしていると、
最後の登りの大沢で皆と合流

ほっと一安心

サポートガイド
首になるかと思いました。

天気は、思いのほか恵まれ、
雨にあたらず。
でも、
テントを張ってそうそう、
近くに親子クマが現れる!

次の日、
朝焼けが美しく、
1時間半も早く起床し、
羅臼岳山頂へ。

そして、硫黄山向けての
縦走を始めようとするときに、
またもや親子クマ!
しかも、私たちが行く登山道上。

待つこと4時間。
クマ親子はいなくなってくれましたが、
私達の進む方向へ。

結局、
下山し、
清里町のコテージに泊まり、
なでしこJAPANのゲーム観戦!

感激しました。
なでしこJAPAN。
かっこいいです。

同じ女性として、
やはり女性の活躍から、
パワーもらえます。

ということで、
3日目は、雌阿寒岳に登り、
知床ツアー終了!

縦走できなかったのは、残念ですが、
クマに
なでしこJapanに
そして、お客さんのおおらかさに
今回も、充実のツアーでした。


11知床ツアー 010.JPG
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。