2011年04月06日

Day 24

いい雪が降った

下山の日。
これから晴れてきそう。

まずは、テント場を撤退するまえに、
雪好きチームは、一本滑る。
雪が深すぎで、スピードが、出ない!
でも、大満足。
カトリーナも、大満足だったようで、
こうやって、一緒に最高!と思えるひとがいてうれしい。

いよいよ、
テント場から撤収。
下山途中に、雪崩のコンパニオンレスキューの訓練をする予定だったか、
初めの下りの斜面で、北欧組が降りてこれず、
かなり待機。

結局時間がなくなり、
訓練なしで下山。
訓練できなかったのは残念だったけど、
こうやって無事帰ってこれて、よかった。
カトリーナと抱き合い喜ぶ。

だがだが、
遅れをとった北欧組は、不満らしい。
皆、不平を言わず、一時間以上雪山で彼らを待っていたのに。

そこそこ、
どのアクティビティもこなすカナダ組。

アイスクライミングもスキーも遅れ、
自分たちの言葉を話し、カナダ人の仲間の個人主義的動きに
不満の北欧組。

私は、
その間。

少し、グループのなかで分裂しはじめた感はありますが、
こうなることも、事前に感じていましたし、
それだけ、お互いを分かり合えてきた、ということ。

あとは、みんなで、協力して、
グループの結束を強めていくだけです。
必ず良い結果になるでしょ〜

と、こんな状況の中、感じるのです。



posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。