2009年11月08日

水はここにある

コーストの隊員が
私の任地に遊びにきていたので、
ニエリにいる隊員も誘い、
アバデア国立公園・滝めぐりへ!

karuru.jpgイボイノシシがみたいというコースト隊員。
さっそく、ちびっ子を連れたいぼちゃん一家を目撃!
「ちっこいの、かわいい〜」なんて、通りすぎたら、
「レオパード!!!」発見。

そして、
次の瞬間には、
先ほどみたイボイノシシ一家のちびっこいのが、
レオパードに銜えられ、ばたばたしてました。
レオパードは、木に登り、
そして、降りたときには、

「ぶひゃ〜!!○×■〜!!??」という
おそらく、自分の子供を取り戻そうと
勇敢な母イボイノシシがレオパードに反撃したのでしょう。

そんな母イボイノシシの反撃もかなわず、
レオパードは、私たちの車の前を、全く気にせず通り過ぎ、
ブッシュの中へ消えたのでした。

レオパードを見れるのも稀。
そして、狩の瞬間を見るなんて、初めて。
そして、母イボイノシシの子供への愛。

心臓がバクバクしました。

今まで、アバデアのいぼちゃんは、
天敵が少なくて、のん気そうだな〜なんて、思ってたのですが、
やっぱり弱肉強食の野生の世界が存在していました。

さて、
心臓をバクバクさせながら、
竹ゾーンを抜け、
ぐ〜と空気が冷え込む3000mの荒野まできました。

ここで、いくつかある滝をめぐる。
雨季のため、水量が多く、すごい迫力。

東アフリカで一番長いというカルルの滝も見て、
フィッシングロッジで、ランチタイム。

友達のガイドレンジャーも
車のドライバーも
みんなでランチ。
楽しかった〜

帰りの車の中は、
カラオケ状態。

長いガタガタ道の道のりも、
楽しく帰ってきました〜

もっと色々な人に
アバデアを訪れてもらいたい!
アバデアの滝や山の景色は、ケニアとは思えない!

こんなにきれいな透明な水が
ここから流れている・・・
たくさんのケニア人の方にも知ってもらいたい。


posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。