2011年05月13日

Day60-64

アルパインクライミングのコースがはじまりました。
キャンモア近くのキャンプ場でテント生活。
キャンモア在住の仲間は通いで、
たまあに、キャンモアからの方が近くない?
という行き先もあり、
「なして、ここで、キャンプ生活してるの、私たち?」
と、みんなの頭をよぎったようやくですが、
それについて笑い、このキャンプ生活を楽しみました。

ガイドは、
グラント先生と、
カトリーナがハミングボーイと呼んでいる、
DJ ジェ〜(ジェイソン)。

一日目は、
ハーケンの打ち方、
スラブクライミングのこつ、
そして、マルチピッチクライミングのシステムを学びました。

二日目は、
バンフにあるマウントノーケイにて、
ショートロープの練習。

ショートロープは、ガイドがクライアントを山に連れて行く際のロープワーク
で、急な傾斜の登り下りなどの際に、ガイドがクライアントの滑落などを
防ぐためのもの。
二人一組になり、ショートロープしながら
ピークを目指しました。

4.jpg


わたしは、札幌に住んだことのある、
グループ最年長のケンと組む。
ケンはカトリーナと組むことが多く、
今まで、ゆっくり話す機会がなかったのですが、
今回、山を登りながら色々話し、
さらに距離が縮まりました。

ショートロープは、さらなる練習が必要です。
大事な技術。

三日目は、
カナナスキスの方にある山を登る。
スクランブルトレイルといって、不安定な岩場や
ガレバを歩きます。ピッケルを持ち、スクランブルトレイルを
ガイドする際のポイントなど学びながら、
時にはロープで確保しながらピークに立ちました。

下山時は、雪で懸念していた斜面が意外と大丈夫なので、
そこで、グリセード、シリセード、セルフアレスト(滑落防御動作)を練習。
東川の家に残してきた、自分のピッケルが懐かしくなりました。

5.jpg


6.jpg


山から下山したあと、
キャンプ場で、コース最後にあるファイルエクスペディションについて
みんなで話しました。
最後の遠征は、
今まで学んだことの総集編で、
計画から準備まで自分たちで行います。

この遠征について、
意見が分かれていて、
私にとってもジレンマです。
何か大きなチャレンジをしたい組。
怪我のため行動が制限されているディビイ。
チャレンジ組から外れている人達。

チャレンジ組は、
グループを分けることを提案し続けており、
わたしは、なんとかグループ全員でできることがないか、
考えていたのですが、残念ながら、コースの学びに意欲的でない
仲間も数人いるため、グループを分けるほうが、
それぞれ満足できるのかなぁ〜と。

この話しあいで、「みちこ個人」は何をしたいの?
と聞かれたため、迷いなく「Big Mountain」

最後の遠征
どうなることやら。

と、これについて、モヤモヤしていた仲間も、
話しあいで、みんなの意見が聞けて、すっきりしたよう。

ということで、
ヤムナスカが企画してくれた
バーベキューへ出発!
会場は、ガイドのジェイソンの家。
部屋には、山の写真や絵が飾られており、
なんとジェイソン作のもの。
そして、DJデスクを設置し、
DJジェ〜でChill out。

7.jpg

ヤムスタッフやガイドさんが集まり、
久しぶりのレッドミート!

そして、
5月誕生日のドリュー、私、レイトンへ
バースデーケーキ。

8.jpg


楽しい時間をすごしながらも、
明日は、グループに分かれてマルチピッチクライミング。
パーティー中に、壁のグレードを知らされ、
ややびびる。でも、できそうな気がする。




















posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

Day 51-58 〜続き〜

ロッククライミングセッション

トラディショナルクライミングとスポーツクライミングの両方学びました。

昔、カナダにいてクライミングをしていた時は、
いつも友達がアンカーを作ってくれ、私はトップロープしか
したことありませんでした。

なので、今回、
自分で、リードして登り、アンカーを作り、
またアンカー撤収も習い、さらにクライミングの楽しみを感じました。

ナッツなどの道具を使ったクライミングも学び、
さらにクライミングワールドへ魅了されました。

久しぶりのクライミングは、
緊張で、カッパ手の私は、
ホールドするたびにチョーク。
高くなればなるほど足はエルビスのようにガクガク。

しかし、数日登り続けているうちに慣れ、
もっともっと登りたいモード全開でした。

レイトンが、5間日の休みをキューバで延長しているらしく、
7人の私達。ビレイとクライミングの二人組を作るのが難しく、
また、北欧組のサネとデイビィは、いつも一緒。
そして、やる気満々のカナダ組、ケン、ドゥリュウ、カトリーナが、
いつも一緒。怠け癖がついてしまったアレックスは、
岩壁側で、昼寝。

こんな調子で、
はじめ2日ほどは、
宙ぶらりんなポジションにいた私ですが、
カトリーナのレベルに追いつき、
カトリーナと良いクライミングパートナーとなりました。
ビレイヤーを待つ時間も減り、
登る時間が増え、
もっと登りたい私と同様、
カトリーナも「もっと登りたい、学びたい」人なので、
刺激になりました。

ガイドを目指すカトリーナ。
このクライミングセッション中に、
カナダ山岳協会のハイキングアシスタントガイドの
研修&試験を受けられる許可がでたようで、
私も一緒に喜びました。
同じ志を持つカトリーナから、モーティベーションを受け、
本当に彼女がいてよかった。
今まで知らなかったのですが、
カトリーナは、過酷だと言われるパタゴニアでの
アドベンチャーレースで2位をとったらしい。
チャビー(ぽっちゃり体型)なのに、
やたらと歩くの早いし体力があるのが不思議でしたが、
なるほどです。

クライミングセッション。
やっと、5・8をリードで登れるレベルになりました。
ブランク。。。恐るべし。

とにかく広いクライミングフィールド。
毎日違う場所で、違うルートで、様々なスタイルでクライミングができる
最高のフィールドです。また、クライミングしに来てみたいです。

9.jpg


posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

Day 51-58

ロッククライミングセッション

Skaha(スカハ)という、
カナダのオカナガン地方にある
乾燥した暖かい場所が今回のフィールド。

ワインやフルーツで有名な場所で、
私のイメージは、南おフランス。

まだまだ、肌寒いキャンモアでは活躍しない、
サンダルやキャミソール、そして水着をパックに詰め
出発。

車で片道8時間。

ガイドは、
ニック師匠とグラント先生。
二人ともシニアガイドで、豪華な面子です。

まだまだ、アイスクライミングができそうな
ロッキー山脈を超え、西へ、そして、南へ。
景色は、変わり、新緑に桜の花。
冬好きですが、
やっぱり、春も好きです!

昨日まで、雪山にいたけど、
すっかりクライミングモード。

オカナガン地方の風景は、
北海道を思わせます。
途中、念願だった、黄色のミズバショウを
発見!ラッキーです。

スカハでは、
湖の側でカーキャンプ。
最高のロケーション。

が、着いた時は、
雨風&寒い。

10.jpg

オカナガン出身のドゥリュウが、
「いつもは、こんなはずじゃないんだよ〜。」
とひたすら言っていた。

肌寒いですが、
波打つ音、鳥の声、新緑に花の色。
嬉しいです。

そして、
何年ぶりでしょう。
ロッククライミング。
楽しみです。

11.jpg
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

Day 46-50

5日間のdays off

はじめの3日間は、
キャンモアでまったりしたり、
バンフに行ったり。

キャンモアでは、
最近お気に入りのベーグル屋さんのカフェで、
地元で焙煎されてるコーヒーを飲んだり、

東川フレンドシップトレイルを歩いたり。

12.jpg

13.jpg

コース中は、
コース内容でいっぱいなので、
このやすみをつかって、帰国してからのこと考えたり。
結局、帰ってからだな〜、という結論でした(笑)

一日は、
バンフへ。
グレイハウンドのバスを待つものの、
なかなか来ない。
ので、違いシャトルバスを予約し、
乗り込むと、私一人。

ドライバーは、日本人の方で、
楽しい会話をしながら、バンフの町へ。
写真を撮られているようで、
HPをおしえていただきました。

http://www.atsushiyuda.com

バンフでは、
休み明けからはじまるクライミングセッションにそなえて、
買い出し。おなじみ、パタゴニアストアへ出向くと、
Nobuさんがいました。

17日に、パタゴニアストアで、キューバでのクライミングの
スライドショーを行うようです。震災のチャリティー活動として。
時間と足が確保できれば、是非訪れたいです。

NobuさんHP
http://nb-theblisspoint.blogspot.com


そして、以前東川町で、
英語をおしえに来ていたキンバリーさんに
会いに。東川で会ったことはないのですが、
お互い東川ラバーなので、大変盛り上がりました。
キャンモアに来るまえに、色々な方をご紹介いただき、
ONiさん、ありがとうございます。

バンフでは、色々な方との出会いがあり、
大変充実した一日となりました。


残り2日は、
昨年、旭川でお会いした、キャンモア在住の田中さんご夫妻と、
Lake O'Haraへキャンプをしに出かけました。
久しぶりにスキーを履き、雪の世界。
11キロ歩くと、キャンプ場に到着。
冬でも、トイレは開いており、しかもトイレットペーパーまで!

炊事場となるシェルターには、薪ストーブがあり、
薪も用意されていました。

私たち以外は、誰もいなく、貸切。

荷物を置き、まだ凍っているレイクへ。
そして、近くにある、アルバインクラブが管理しているハットへ。

アルバインクラブに管理されているハットには、
いつも感激です。山奥に、ガスキッチンがあり、調理道具もあります。
暖もとれ、おしゃれなログハウスです。

今度 hut to hutの冬トリップしてみたいですね〜

キャンプ場にもどり、
テントを設営し、
いよいよ!
ハッピ〜アワ〜!
久しぶりのお肉にお酒
そして、楽しい会話!

陽が長いものだから、
まだ明るいけど、
いつのまにか22時近く。

ハッピ〜に就寝。

次の日も、ゆっくりの朝で、
おいしい雑炊で、体あたたまり、
帰路へ。

大変楽しく、
良い時間でした。

そして!
キャンモアへ戻る道中に、
グリズリーグマを発見!
クマは、大きく、
雪に埋もれながら、歩いていました。
偉大なクマ

田中さん、けいこさん
楽しい時間をありがとうございました!

14.jpg

田中さんは、キャンモアを拠点に
自然ガイドをされています。鳥にも詳しく、
一緒に歩かれると、素敵な時間になること間違いなし!

http://www.ilovewintergreen.com/

こうして、
私の5日間の休日が終わり、
明日から、skshaというカナダで、暖かい場所へ、
8日間のクライミングトリップにでかけます。

雪の世界から
岩の世界へ。

頑張ってきます!
posted by Mitchy at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。